■レーシック知識/適性検査を受けてからレーシック

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



■レーシック知識/適性検査を受けてからレーシックブログ:2021/1/13

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

減量している人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったお菓子を一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて連日ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
連日少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元にお菓子があると、
つい朝方起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
減量にさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのお菓子が無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
朝方起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったお菓子が無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このお菓子が無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
妻や父親に分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

―地球滅亡まであと427日―