■レーシック知識/レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。
日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。





小平つかさ
小平つかさの最新情報
URL:https://www.youtube.com/watch?v=Mc3eUYEU9xk


■レーシック知識/レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2021/1/12

太ももが太いと、他の部分が細くても、
どうしても太ってみえてしまいますよね。

太ももが太くなる原因としては、
細かく分けるとさまざまな要因が考えられます。

中でも特に多いのは、
姿勢が悪い事が原因で太ももが太くなるものです。

また、セルライトや脂肪の蓄積によって、
太ももが太くなる場合も多いです。
エステなどにいけば簡単に細くなりますが、費用も時間もかかります。

なので、あたくしが実践している
「太もも痩せ」の方法を少し紹介します。

姿勢が悪いと、血液の巡りが悪くなります。
必然的に「太もものむくみ」が起こりやすくなります。
まずは、できるだけ姿勢を良くするように注意しましょう。
あしを組まないのも重要です。

また、ヒールの高い靴や、あしにあっていない靴は、
正しい姿勢を保ちにくくさせます。
できるだけ、あしにぴったりで安定性の高い
スニーカーなどを履くようにしてくださいね。

セルライトや脂肪の蓄積には、
マッサージ、体操やストレッチなどが有効です。

気になる部分をお風呂で揉みほぐしたり、叩いたりするのがいいでしょう。
ストレッチは、お風呂上がりの体がポカポカしている時が最適です。
普段使わないような筋を、ストレッチで動かしてあげましょう。
激しい体操は、筋肉がついて余計に太くみえる可能性があります。

体操するなら、
ゆっくり歩いたり、水中ウォーキング程度がベストですね。
目安としては、誰かと喋りながらでもできるような、軽い体操が最適です。
是非参考にしてみてくださいね。