■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。



■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:2021/9/10

昔は、やせていてキレイな体のラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといって食事の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じ食事量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、運動不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

一日中ごろごろして、まったく運動をしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、わたしたちが食事で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じ食事量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常に体を動かすように心がける必要があります。

将来的にも体のラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
体を動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きつい減量をすることもなく、
体のラインを維持することができるはずですよ!

どんとはれ