■レーシック知識/なんと交通費を貰えるクリニックもある

レーシックを受ける患者さんの負担を少しでも和らげるためのサービスが最近では充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。

 

レーシックの交通費支給はクリニックの県以外のところから訪れることが条件となっていることが多くあります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 全国各地にクリニックを展開している大手の眼科医院が交通費の補助制度を実施しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。



■レーシック知識/なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:2021/3/01

ダイエットをしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
ダイエット失敗を繰り返していた俺。

俺の場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、お菓子を食べてストレス解消。
子供たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は姉とともに、夜中にチューハイ+おつまみで乾杯。
子供たちが残したライスは、
もったいないのでウエストがいっぱいでも食べてしまう。
子供たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

ダイエットを始めても
この習慣はなかなか止められず
特にお菓子の誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
お菓子を食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

お菓子って、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
ご飯制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けてお菓子を食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いお菓子も、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
ダイエット中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しくダイエットをしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられるダイエットをしていきましょう!