■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイ

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。



■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイブログ:2021/7/31

最初の離乳食は「赤いフルーツ」から始まる。

わたしたち人間の本当の主食はフルーツなのであり、
その中でも赤い食べ物は
一番小さいお子さんでも見つけることができるフルーツだからである。

なので
最初の離乳食にはリンゴを用いるべきであり、
そのリンゴを押し潰して、与えれば問題ない。

その離乳食が上手くいったら、次は薄いお粥を作り、
簡単な野菜料理などを出していけば良い。

薄いお粥に慣れてきたら、薄いお粥を段々濃くして行き、
通常のお粥にしていけばいいのだ。

離乳食はそれ専用で作るのではなく、
あくまでもパパとママの食事に
関連する食材を使って作ることが大事。

こうすれば、
乳児も自分は父母と同じ物を食べている感覚になり、
離乳食が進むようになる。

離乳食は最初の1ヶ月は24時間1食にして
離乳食以外の栄養は、母乳で補うことも大切。

正確に言うと、母乳をメインにしながら、
離乳食を足して行くという方法を取るべきなのである。

1ヶ月後には24時間2食にし、
離乳食をメインにするようにしていくのが望ましい。

離乳食の期間は個人差があるが、
長くても半年間ぐらいなので、
乳児の食べ具合やからだの調子を見ながら、
焦らずに行うことだ。

離乳食に関しては、
ベビーフードを買うことはやめておいた方が良い。

ベビーフードは
乳児が美味しいと感じるように作られているので、
乳児は喜んで食べてくれるが…

ベビーフードには食品添加物が入っているので、
乳児にとっては非常に危険!

しかもベビーフードを買えば、
それだけ出費がかさむことになるので、
予想外の出費になってしまう。

離乳食は
あくまでもパパとママが食べている残り物で充分なのであり、
お金をかけるべきではないのだ。