■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイ

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。



■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイブログ:2021/1/01

食事制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのような減量法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

わたくしの仲間は、
目標体重に向けて
無理な食事制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は連日からだがだるく、フラフラしている感じがして、
からだの調子を崩してしまったそうです。

仲間は、
カロリーのことばかり考えて
減量をしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいに減量できるように、
食事の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端な食事制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人の食事というのは、
あさ食はコーンフレークだけ、
14時食はヨーグルト果物と、カロリーメイト、
17時はおかずだけというような食生活でした。

このような食事でやり始めて、
1週間で9キロも体重が減少したそうです。

しかし、
あさ食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食をお腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理な食事制限で体重を減らしても、
からだを悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。