ウワサのレーシック知識

ウワサのレーシック知識

当サイト《ウワサのレーシック知識》のお役立ちサイドメニューをまずはご確認ください。
様々なレーシックについての情報を詳細にお届けしています。視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。話題のレーシックを受けることで、失明をしてしまうのではないか?と考えてしまっている人も多いのではないでしょうか?
今現在、日本国内ではレーシックによって失明をしてしまったという事例は報告されていないのでご安心ください。

 

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。




ウワサのレーシック知識ブログ:2021/10/19
トレーニングしたらウエストが減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
シェイプアップ理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、トレーニングしたらウエストが減るようにできているのです。

トレーニングによって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
トレーニングで消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好む回転寿司や回転寿司といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
トレーニングしてウエストが減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
トレーニングで消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

皆さんは、「トレーニングしだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単にトレーニングしてウエストが減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでウエスト回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「ウエストが減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなかシェイプアップできないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。



 
ウワサのレーシック知識 モバイルはこちら